kaoru’s blog

ドイツでサッカーをプレーしてる20歳。

「サッカーが下手」

 

監督にダイレクトにそうやって言われた。。笑

 

ストレートすぎて笑えてくる。笑

 

「サッカーはドリブルだけじゃないし、攻撃だけでもないし、守備だけでもない」

 

「ピッチ上で起こりうる全てのことに対して自分自身で考え判断を下し、適確な行動に移すこと。それに頭の中での攻守の切り替えのスピード。それに+αで自分のストロングポイントを表現できる選手が評価されていく。」

 

そして
「もっとサッカーを知れ、学べ」
って言われた。

 

そう言われて、考えてみたけど、俺はいつだって試合前にドリブルについて考えてる事が多い。

 

だけど、ドリブルというのはチームが点を取る為の手段でありそれ以上ではないし、それにこだわる事は悪い事ではないが、執着しすぎると、この先足を引っ張っていくと感じた。

 

サッカーはゴールを決めて、ゴールを守るスポーツ、この簡単なルーツを忘れていたかもしれない。

 

日本人は上手い選手が多いって言葉を聞くけど、それはサッカーが上手いんじゃなくて、ボール扱いが上手いだけなんだな〜って思う。

 

試合になると、なかなかそのボール扱いの巧さが出せない日本人は多いと思う。

 

それは気持ちの強さも関係しているけど、大事なことはボールがない時に自分の力を引き出す為の準備だと思う。

 

「ボールを受ける為の走り方」

「首を振るタイミングと受け方」

「身体の力の抜き方」

そして何度も「継続する力」

 

ボールがない時の技術を向上させることが、

自分をもっと成長させてくれると信じて日々成長して行こうと思う。

 

うるせーし監督の事は大嫌いだけど、

自分が成長する為に我慢して、今は焦らず力を付けて行こうと思う。

 

                                              Ousadia 

 

 

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最近思う大事なこと

 

8月から所属クラブのある街に一人暮らしを始めたからほとんどが一人の時間で自分と向き合う時間多すぎる、、(笑)

 

それで今まで全く感じることのなかった自分の弱さをかなり実感してま~す。

 

この街には日本人が居ないということもあり、全ての会話や契約なども自分でドイツ語でやらなきゃいけないし。。。

今まで人に頼りすぎていたとつくずく感じるわ~。。。

 

それで外人と多く関わっていくなかで、いくつか大事なことに気が付いた。

 

それは「勇気を持つこと」「強気でいること」。

 

日本人のほとんどの人はなかなか「NO」といえないし、その場の空気とか人間関係を必要以上に気にし過ぎていると思う。

 

逆に外人はどんな奴でも、しっかりと自分の意見をもってるし、それを何のためらいもなく表現できている。だからおどおどしている奴を見たことがない。

陰キャラみたいな奴でもそう、、、(笑)

 

それは何かで上を目指したいなら必ず必要な素質だと思う。

 

簡単そうに見えてありのままの自分を表現するのは難しいんだな~と思う今日この頃でした、、、(笑)

 おわり

  f:id:kaoru7018:20170914080651j:image                     

 

                             bis Morgen

 

 

 

 

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

久しぶりの更新

 

久しぶりのブログ。。。

 

始めた当時の目的として継続的に更新していくはずだったけど、、、

 

これからは短く定期的に更新していきます。(笑)

 

サッカーの方はというと開幕から3試合勝ち無し。

 

そのうち2試合は0-0という内容。

 

半分以上新しい選手だからまだうまくかみ合わないとか言ってられないし、かなり補強したのにこの結果はきついね、、、

 

個人としとしてもまだまだだしね、、

 

でもそろそろだね、そんな感じがする。(笑)

 

もっと強くなる為に、毎日大切に頑張ります。

 

                            bis Morgen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドイツ2年目のシーズン」

 

ドイツでの2シーズン目を迎えました。

 

チームは今のチームと色々あってもう一年契約を更新する事にしました。

 

と言うのも、今のチームと契約を更新した直後に、上のリーグのチームから練習参加のオファーを貰ってましたが運悪く移籍金などの関係で移籍することは出来ませんでした。この世界そういう事も含めた実力なんだなと改めて思いました。

 

そして新しいシーズンが始まる前に色んな国の代表選手とかを扱ってるかなりのコネクションを持ってる外国人の代理人と2020年までの契約にサインをし、代理人契約をしました。

 

自分が目指している所へ行くための道筋は少しずつでも出来てきてると思ってます。後は本当に自分がどれだけやれるのか、それに尽きると思います。

 

そしてチームは新シーズンに向けてかなり補強をし、2人の元ブンデスリーガや他にも上のリーグからいい選手をたくさん補強しているので、毎日気の抜けないレギュラー争いがあります。

それと同時に毎日多くの新しいことを学べています。

いままでの自分より考えてるレベルが数段階上がってると思うし、こんな中でサッカーができてる今がすごい楽しいです。

日本にいたら多分味わえていない日々の緊張感や充実感があります。

 

開幕に向けて、レギュラーの座をしっかり掴んでチームにまずは貢献できるようにゴールという目に見える結果にこだわっていこうと思います。

 

そして色んな人に応援されてると最近とても感じます。

そういう人たちの為にも本当に頑張ろうと思えます。

これからもよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Roma」

昨日から休暇ということでイタリアに来てまーす。

いきなりドイツからローマ行きの飛行機に普通に乗り遅れて出足悪かったけどすぐに次の便を買ってその後は特に問題もなく進んでるけど、やっぱり聞いてた通り治安悪いね笑

日本とドイツは治安が良すぎる尚更そうやって感じるかなー。

それにしても街並みとか人柄とか素晴らしすぎる。

初めて来たけど、まだ2日しか経ってないけど、この街の感じたまらなくいいわ。



f:id:kaoru7018:20170614034951j:plain



f:id:kaoru7018:20170614034956j:plain



f:id:kaoru7018:20170614035005j:plain



f:id:kaoru7018:20170614035015j:plain

「初のシーズンを終えて」



 

ドイツに来て初めてのシーズンが終了しました。

ずっと優勝争いをして来たチームは一つの引き分けをきっかけにどんどん調子を落とし、終わってみれば5位まで転落してしまいました。

 

個人としても22試合4ゴール2アシストという全く満足のいかない結果で終わることとなり、やるべき事と伸び代をはっきり再確認できました。

 

 高校サッカーからいきなりドイツに来て、 始めは環境もレベルも全く違うし慣れなかったし、求められることのレベルも高くて大変でした。

しかも言葉もわからないし、伝えたくても伝えられないしなかなか苦戦しました。

でも今となっては言葉は大体のことはもう理解できるし、戦術においても求められてる事ははっきり分かるようになりました。

 

その中で試合に出れる時期もあればなかなか出れない時期も経験しておもったことが、「いい時」と「悪い時」の差が少なく常に闘える選手が信頼され、試合で活躍をし続けられるんだと感じました。

 

今はまだ「若い」とか「経験がまだ浅い」とか言われてプレーの波や集中力に関しては今シーズンは多めに見てもらえていたのかもしれないが、もう20歳になるんだし、そんなこと言われてられないし、特に「集中力」ということは今まであまり気にしたことも無かったけどこれはサッカー選手としても一人の人間としても最重要な素質だと感じることが出来ました。

 

来シーズンはこのチームと既に契約を更新したが、まだどうなるかははっきり分からない状況です。

 

今のチームに残るとしても上のカテゴリーに移籍を出来たとしても自分をしっかり持ってもっと成長していきたいと思います。

そしてそのチームに貢献出来るように頑張ります。

 

来シーズンに向けて、新しい挑戦に向けて、さらに強くなって、頭も気持ちもリフレッシュして、このオフシーズンを有意義に過ごして来季を迎えようと思います。

 

いつも連絡をしてくれる人や応援してくれた人1年間ありがとうございました。

 

来シーズンも宜しくお願いします。



f:id:kaoru7018:20170612091110j:image


f:id:kaoru7018:20170612091102j:image


「俺を突き動かすもの」

 

悔しすぎた

 

屈辱だった

 

人生で初めてここまでの悔しさを味わった

 

昨日の3部とのカップ戦ベスト8の試合で試合に出ることが出来なかった。

 

コンデションもかなりいいし出れば結果を出せた自信しか無かった。

 

だが監督のよく分からない采配でリーグ戦に一度も出たことのないような選手をいきなり俺のポジションで先発させてきた。

 

後半残り20分くらいまで1-1で進んで延長も考えた上でアップをさせられてた矢先にセンターバックの怪我で残りの1枠を持ってかれて俺の試合は終わった。

 

運もなかった。

 

でも世界で活躍してるやつらはどこかしらのタイミングで運を味方にしている、それをたぐり寄せることが出来なかったのも俺の実力なんだと思う。

 

 

考えてみたら今までのサッカー人生でチームとして負けて悔しいと思ったことがまずほとんどない。

 

逆にチームが勝っても自分が楽しめてなかったり、個人で勝てなかった時は全く嬉しくない。

 

チームが負けても本気でサッカーを楽しめた時は負けより楽しさや嬉しさがほとんどの感情を占めてた。

 

今までただの練習でも個人で負けると毎回死にたいくらい悔しい思いをしてきた。

 

だから俺の中ではチームとしての戦術や采配でもなんだろうとスタメンで試合に出れない時点で個人として負けてるってこと。

 

だから基本スタメンじゃない試合はもう試合前から悔しい気持ちが滲み出てきていつもイライラしてる。

 

多分相当自己中なんだとおもう。

 

だから昨日の試合に出れなかったという現実がかなりキツかった。

 

この試合の為にプレシーズンマッチで誰よりも点を取ってきたし、自分を表現してきた。

 

だから二月の次点でもうチームから来シーズンの契約更新のオファーを貰っていた。

 

それは個人として評価されているっていうことだしかなりの期待も感じてた。

 

それなのにいきなり何もしてないやつを先発で使ってこられたりしたら「じゃあ何をすればいいんだ?」

って気持ちにもなる。

 

だけどいつも誰にも負けたくないって気持ちがどんな状況に陥っても俺を突き動かしてるんだと思う。

 

昨日の試合のあと悔しくて気付いたら泣いてた。

「お前はまだ若いんだから」とか「アクシデントがあったからしょうがない」とか「お前なら上へ行くチャンスはいくらでもある」などスポーツディレクターやチームメイト、コーチが皆して声をかけてくれた。

まじでみっともなかった。

恥ずかしかったし情けなかった。

 

けど自分の弱さに久しぶりに正面から向き合えた。

 

自分の気持ちに素直になることの大切さと自分の感情に嘘をつかないこと。

 

自分に素直にこれから向き合っていこうと思う。

 

そしてトップレベルまで登り詰めるには小さなチャンスをものにして、またさらにものにして、その繰り返しで登りつめるしかないとおもう。近道も遠回りもないと思う。

 

今の状況で自分の力で少ないチャンスでもものに出来たやつが這い上がれる世界にいることは承知している。

 

だからこれから先も誰にも負けないように立ち向かい続けるしかない。

 

まだまだチャンスはあるしあとは這い上がるだけ。

 


f:id:kaoru7018:20170310090057j:image